FC2ブログ

電費

新車が発売になると「2万台のしきい値」って話が昔から言われていて、街でちらほら見かけるようになるのは販売台数が累計2万台を越えた頃、なんて言われるわけです。

初のフルモデルチェンジを迎えた「100%電気自動車 リーフ」ですが、タイミング悪く日産自動車の量産車最終検査不正とバッティングしてしまい派手な発売キャンぺーンを行えず不運って感じでしたが、ぼちぼち走っている姿を見かけるので、「2万台」を越えたのでしょう。

この新型日産リーフは登場したときは日産共通デザイン言語採用で、「どこから見ても日産車」っていう成り立ちを評価したのですが、あの厳ついトヨタプリウスを見慣れるともうちょっとアバンギャルドでも良かったかなと思います。
そういう意味では日産共通デザインにこだわるより、「リーフならではの近未来型デザイン」を与えた方がよかったと思えてしまいます。だからなおさら「旧型」の方が優れたデザインだったって今更思ったりします。
個人的には新型の方がいいデザインと思いますが、他社差別化っていう観点からは旧型の方が「リーフらしい」と思わざるを得ません。

とはいえ、もっとも売れている量産電気自動車ということで消費者の関心も高く、旧型からどれだけ進歩したのか知りたいところでしょう。
やはり電気自動車としての最大の関心は「充電1回当たりの航続距離」ということになります。

旧型となる初代リーフは航続距離200㎞だったそうで、今回の新型は400㎞に倍増しているとか。
なるほど、1回の充電で400㎞走ってくれれば十分実用的ですね。

って思ったのですが、初代のバッテリー容量は24kwhだったそうで、新型は40kwhとか。
あれれ、キロワット時(kwh)あたりの走行距離(JC08モード)は旧型8.3㎞/kwhに対し10.0㎞/kwhと伸びてはいるものの大差はなくて、航続距離倍増の秘密は駆動用バッテリー容量の増加によるもののようです。

これはずるいとかそういう問題ではなくて、車両重量を抑えながら大容量バッテリーを搭載するという技術と努力のたまものだと思います。この点に付いては堂々と評価したいです。

ですが、じゃあ「電費」ってどうなのって思うわけで、実走行ではkwhあたり8.0㎞前後で、それは旧型/新型ともほとんど変らないそうです。要するに「実走行では」新型が著しく効率向上したわけでもなさそうです。

個人的には「kwhあたり8.0㎞前後」はかなりの効率だと思っていて、これ以上の著しい「電費」向上は、現在のリーフの成り立ちからはかなり難しいと思います。
ただ、電気1kwhが15円から20円程度と考えるとガソリンに比べて著しく安いので、コストを掛けて効率アップをする必要もないと思います。そう考えると現在の車両価格のまま電池容量を増やしていくのがリーフの方向性かと思います。

電気なのでどんな速度で走ろうとも消費エネルギーに大差がないので、高速道路では却って「電費」が悪化するようです。空気抵抗とかによるんでしょうね。

実走行電費が「kwhあたり8.0㎞前後」としてバッテリー40kwhで航続距離240㎞。バッテリー容量80kwhぐらいになればマンション住まいでも一気に購入が現実的になるし、それはそう遠くないと思います。
といいつつも、「運転が楽しい」「充電が急速で15分以内」っていうのが購入条件ですが、それは厳しすぎるでしょうか(笑)

【今日の言葉】 運転が楽しくないクルマを日産が作るわけがない、と信じたいです(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター