FC2ブログ

プジョー208アリュール納車5周年

2度目の車検も問題なく通過し、ブレーキ交換などわりと大がかりな整備も完了して、新車時の感覚が戻ってきた感じですが、納車60ヶ月を無事迎えることができました。ここまでくると60ヶ月っていう言い方もおかしいので今回は「5周年」としました。

これまで「納車シリーズ」ではプジョー208アリュールについて良さを知っていただこうということで自慢話みたいなことをつらつら書いてきましたが、実はプジョー208のラインナップに3ドアアリュールの設定がなくなってテンションが下がってきました。
今回の5周年では、プジョー208は5年経つとどうなるのかを中心にお知らせしたいと思います。
と言っても走行距離が27000㎞と少ないので、5年経過と行っても他のプジョー208と違うかもしれません。

【プジョー208アリュール】
うちのアリュールは、商品として日本に入ってきた最初のロットのようです。製造年月日が2012年10月26日、工場はフランスのポワシー工場です。
プジョー208の右ハンドル車は左ハンドルベースで、左ハンドルのペダル類を無理矢理リンケージで右に持っていくという荒技でこなしています。なのでブレーキとクラッチは可動部分が助手席のグローブボックスの奥にあります。しかもヒューズボックスが左の助手席側にあるので、スイッチの多いステアリングコラムまで「延長コードの束」で接続しています。そのためヒューズボックスはケーブルでごちゃごちゃです。とても素人ではヒューズの交換は無理なほど(笑)
そういうところ以外は基本的に左ハンドルと同じなので、安全性、ハンドリング、乗り味、静かさなどはかなりレベルが高い大衆車です。

【ボディ】
エンジンフードは人との衝突安全性のためぺらぺらなんですが、メインボディで使っている鉄板はなかなか厚みがあり、相当練られたモノコック構造で、207より100㎏軽量化しながらも高い剛性を確保しているようです。
これまで国産車では(欧州向けのアルテッツァやN14パルサーでも)5年も経つときしみとか出たのですが、プジョー208は全くそれがなく、新車時と変らない剛性感があります。
ドアは相変わらず大きく重いのですが、ドアヒンジから異音が出たりと言うこともないし、改めて欧州車の頑丈さに驚きます。

【CPCペイントシーラント】
これはプジョーというクルマとは直接関係がないのですが、新車時にCPCペイントシーラントを施工してもらったので簡単にご報告。
アルテッツァの時もこれをやったのですが、5年保証とはいうものの、5年を過ぎると急速に効果がなくなってつや消し塗装みたいになってしまいました。かなりショックだったのですが、ひと月かけてコンパウンドで磨いてピカピカにしました。
プジョーも同じCPCのペイントシーラントなんですが、効果がまだまだしっかり効いているのは、スマートミストでメンテしていたのが良かったのかもしれません。

【シート・内装】
当ブログではこれまでプジョー208アリュールのシートをさんざん褒めてっていうか自慢してきましたが、5年経っても表面や中のウレタンを含めてほとんどヘタリがありません。シートのできではフォルクスワーゲンやBMWのシートにも驚きましたが、私はプジョーの方が上かなあと思っています。とにかく国産車とはレベルが違うのは確かです。
クルマのシートの善し悪しは、展示車に座っただけでは分りません。実際に走り出してみると違いがよく分ると思います。
まず発進とかできしまない。カーブでも上体は横Gで振られても腰はしっかりホールドされて動かない。表面はソフトでも奥は硬めで体を支えるホールド感。そういうシートの機能が5年経過しても変らないのがうれしいです。
プジョー208アリュールは、208GTと同じテップレザーをあしらった内装ですが、悪く言えば合皮のビニールなんですが、張りがあって高級感があるし、汚れたら拭けばきれいになるので、ほぼ新車時の美しさをキープしています。
残念なのは樹脂系のところで、どうしてもキズが付いてしまいます。そういうところで5年の経過を感じてしまいますが、これは仕方ないですよね。

【車検整備箇所】
今回の車検では、整備推奨箇所をすべて整備して貰いました。前の記事に書いたとおり、ベルト、ブレーキ、オイル、フルード類の総取っ替えをして新車時の操作タッチが戻りました。
整備は国産車とあまり変らない料金でやって貰えて助かりました。

【バッテリー】
バッテリーは納車47ヶ月の頃に突然死したので交換しました。プジョー純正のノーマルバッテリーをディーラーで入れたのですが、価格の高さにちょっと驚きました。現時点ではまだまだ元気だし、メーカー保証も残っているのでとりあえず安心です。
次回のバッテリー交換は2019年頃を目安にしていますが、ボッシュのAGMバッテリーを確保して整備工場で取り付けてもらおうと思っています。

【タイヤ】
これも以前の記事に書いたのですが、納車時のミシュランエナジーセイバーはロングライフらしいですが、うちでは4年半しか持ちませんでした。タイヤの山はあるのですが、カーカス面のひび割れがひどかったため交換しました。
同サイズのレグノGR-XIをネット購入して取付店で着けたのですが、乗り味はやや堅くなったものの、ロードノイズがとにかく静かなので気に入っています。

【ヘッドライトの曇り】
納車4年を過ぎた頃からヘッドライトレンズの曇りが気になり出しました。ただ曇りはライトが照らす正面ではなく、レンズの上面になるのでとりあえずは様子見です。
今回の車検の代車で乗ったeKワゴンが「なんでこんなにヘッドライトが暗いんだ」って思ったのですが、よく見たらヘッドライトレンズがほとんど磨りガラスのように曇っていました。プジョー208は5年経ってもそこまでひどくはありません。

【今日の言葉】 3ドアハッチバックで珍しいのでまだまだ乗りたいと思います。が、最近出たスズキの黄色いスポーティカーがちょっと気になります(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ざがあとさん

208の3ドアハッチバックは、スポーツ系のみとなったのは残念です。
3ドアの重さには、助手席・後席へ乗る家族から納車以降ずっと不評
ですが、次回にディラーへ行った時に5ドアの重さを確かめたいです。
現在まで5ドア車に一度も触れたことが無いのに気づきました。
アイドリングストップのバッテリーは、高価だから突然死する時は、
20%offキャンペーン期間中が望ましい?。タイヤも26,000㌔使って
ますが、もうしばらく頑張ってもらいます。
今後は、経年による消耗部品の交換に悩みそうです。

Re: No title

シルバーランドさん、こんにちは。

>3ドアの重さには、助手席・後席へ乗る家族から納車以降ずっと不評ですが
三本和彦さんが言っていたように、「家族の数だけドアがいる」なので、プジョー208の3ドアは3人家族までですね(笑)
アリュールのドアは大きく厚く重いのですが、乗員を守るために必要なんだと解釈しています。
5ドアのドアは、3ドアに比べると軽いです。ちょと物足りないほど(笑)

>アイドリングストップのバッテリーは、高価だから
記事にも書いたボッシュのAGMバッテリーですが、プジョー純正はボッシュでは1世代前の旧製品で、税抜きで53,900円しますね。20%引きキャンペーンでも43,120円のようです。
純正より新しい現世代モデルはamazonなら2万円ちょっとで買えるのでその差は大きいです。
ディーラーが持ち込み可であればネットで調達しましょう。
あるいはバッテリーが急逝したので、急遽こちらで交換した、っていうのもありかと思いますが(笑)

>今後は、経年による消耗部品の交換に悩みそうです。
今回整備工場で車検・整備をして、欧州車用「ジェネリックパーツ」というのがあるのを知りました。ようするに汎用パーツですね。
これなら国産車とあまり変らないコストで整備できるので心強いです。
もちろん整備工場独自の保証があっての話ですが。
基本的に「持ち込みパーツ」は工場では保証してくれないので注意が必要です。
持ち込むのはオイルとかバッテリーとかワイパーとかだけにした方が良さそうです。

おひさしぶりです。
自分の208ですが今年に入ってから立て続けに問題発生です。
1月にルーフの塗装が欠けているのを発見。見てもらったら下地が見えているとのことでルーフ全面再塗装となりました。
2月はスタンドでたまたまタイヤの空気圧見てもらったらパンク発覚(左前2ヶ所)で予定外のタイヤ交換する羽目になりました。
今月は12日の朝エンジン始動した途端に「Engine fault: Repair needed」と表示されディーラー行ったら高圧燃料ポンプの故障とのことで交換となりました。
3つ合わせてかなりの痛い出費となりました...

Re: タイトルなし

MMDさん、こんばんは。お久しぶりです。

MMDさんの208はGTiちゃんだったと思いますが、わずか2ヶ月半の間にトラブル連発で残念ですね。
しかもいずれもかなり高額な費用が掛かったと思います。

タイヤはいずれ交換するから早まっただけって納得する手もありましょうが、ルーフの全塗装はきついですね。

燃料ポンプについては、たったひとつのパーツだけに、トラブるとクルマが走らなくなるっていうかなり重要度が高いものなので、私も日頃からびくびくしています。いや本当です(笑)
燃料ポンプの新品を確保していつもクルマの中に置いておきたいほどです。
整備工場で聞いた話では10万㎞はもつもので、壊れたってあまり聞かないっていうのですが、ネットでは輸入車、特にイタリア・フランス車の燃料ポンプのトラブルが多いような気がしてなりません。
まあ、びくびくしていてもしょうがないので、輸入車乗りならその辺は覚悟して運転を楽しむべきなのかも知れません。
ということで、トラブルなんか「どんと来い!」と思うようにします。もちろん強がりですが(笑)

うちもメジャートラブルが起きたらお祓いでもしようかと思います(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター