FC2ブログ

保育園は散歩をやめないでほしい

5月8日に大津で発生した保育園児2人が亡くなった交通事故、事故現場のストリートビューが上がっていて拝見したのですが、保育士さんが園児を守るように立っている姿を見て胸が痛みます。2歳児とか3歳児は行動が予測できないからなるべく安全な位置にってことでちゃんとリスク管理されていたのがわかります。
事故なので防ぎようがなかったというのはあるのですが、こういう何も悪くない人たちが事故に遭ってけがをしたり亡くなったりするのは本当にやるせなく切ない感情でいっぱいになります。

それなのに事故当日からマスコミの扱いは自己本位というか事故の重大性とか本質とかからかけ離れた不適切な対応が目につきました。
特に保育園側の記者会見。あたかも保育園側の危機管理不足が原因といわんばかりの質問攻め。最近の記者は自分で調べたり勉強したりしてから質問するというジャーナリストとしての気概が全くないレベルの低さが明らかになった記者会見でした。
こんな記者だから「池袋のジジイの取材はどうした!そっちに行け!」とネットで言われても仕方がないと思うのですが、彼らには「ネット」というのは「くだらない身勝手な発言をする別世界」としか映らないようです。
それでいてマスコミは自分で取材せずにネットの情報をそのまま流したりするのだから、記者だけでなくマスコミ自体がレベルが下がっているということでしょう。終焉が近いという感じさえします。

「失敗から学ぼう」という人たちも今回の大津事故に注目していますが、「車止めさえあればある程度防げたのでは」と、これまた簡単すぎることを言ってくれます。
ちょうど昨日藤沢鵠沼海岸の方に行ってきたんですが、こんな感じでしょうか。

kugenuma.jpg

この写真でもわかるように、今回のような事故防止というよりは歩道に車が入れないようにしている感じです。
大津のケースも交差点のそばに駐車場があるから車止めが設置できなかったのかもしれません。

ただ、園児に突っ込んだ軽自動車にはメーカーご自慢の「自動ブレーキ」がついていたそうですね。
この日を境に各自動車メーカーは、CMで自動ブレーキを強調しなくなったような気がするのは気のせいでしょうか。自動ブレーキがこの程度なんだから自動運転なんか全く信用できないと思います。

今回の事故で、ワイドショー番組とかのコメンテーターがいろいろなことを言っていますが、ワイドナショーに出た三浦瑠麗はひどかったです。
保育園の記者会見で記者は当然のことを聞いただけとか、そもそも保育園に子供を預けることがいけないとか。さすが独特な視点を持つ古市憲寿の女版と思いましたが、番組での発言はあらかじめディレクターと打ち合わせていると思うので、三浦の意見はCXの意見と思っていいので、CXももう終焉が近いと思いました。いや、視聴率を見るに実際に終焉が始まっている感じです。
少なくともワイドナショーのスポンサーになっている企業に利益が行かないよう行動したいです(笑)

【今日の言葉】 園児は散歩に行くことで多くのことを学ぶというので、今回の事故で全国の保育園が散歩を自粛するなんてことがないことを祈ります
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

痛ましい事故は後を絶ちませんね。私にも小さい子供がいるので本当に心が痛みます。
たまに小学校の通学路の途中にある交差点で児童の登校の見守りに立つのですが、やはり児童の待機する位置にはガードレールはありません。
今回の大津のような事故は全国何処でも起こりうるので気が気ではありません。

ニュースで見ましたが、5G通信が始まればリアルタイムで車の周囲の情報をドライバーに伝え、未然に事故を防ぐ事が可能になるらしいですが、そのシステムが当たり前になるのにはまだまだ時間がかかりそうですし。

今回事故を起こしたドライバーは、対向車とぶつかって初めて事故に気が付いたらしいですね。先行車が右折するのを見て確認もせずに後ろを付いていき対向車とぶつかったようです。

結局はドライバーそれぞれの運転に対する心構えなんじゃないでしょうか。
ちょっとでも気を使って運転すれば事故は防げると思います。
皆さん教習所で習ったはずですが、「だろう」運転ではなく「しれない」運転でと。

全国のドライバーの皆さん、くれぐれも安全運転で。

マスコミ

マスコミが劣化したのは今に始まったことではありません。まともだったことがあったのだろうか?
以前イベントを主催したときに元全国紙地方支局の新聞記者が「我々はチラシだけで記事が書けるんです!」と自信満々に取材せずにチラシの情報だけで記事に仕立ててました。
最近は取材の時もプレスリリースの内容確認程度のことしか聞けない人が増えました。地方の新聞やテレビの「独自取材」を見ると絶望してしまいますよ。
深く掘り下げることを期待してはいけないんですかね。

Re: タイトルなし

隼さんこんにちは。

園児と保育士さんたちは日ごろから十分気を付けていたのにもかかわらず事故に遭われたのが残念でなりません。
亡くなられた園児の冥福をお祈りするとともに、けがをされた方の回復をお祈りします。
今回の事故で自動ブレーキがいかにあてにならないものか明らかになったわけですが、この事故から学べるものはないか真剣に考えている方も多いと思います。

隼さんのおっしゃるように、通信レイテンシがないという5G通信が普及すれば交通事故防止に役立つと思うのですが、システムはできても免責の関係で実現はまだまだ先なんでしょうね。
私も交通情報とか監視カメラの映像を含めたビッグデータから、行く先のリスクをドライバーに伝えるシステムの特許を書こうかと思ったんですが、すでに申請されているものを調べるだけでかなり大変でめげています(笑)
それだけ関心が高い分野だということですね。

結局は絶対に事故は起こさないという心構えが大切なんですが、最近はAT車普及のせいか適当な運転をする人が多いような気がします。
MT車はしっかり前を向いたドラポジでないと操作できないので、それでけでもMT車の方が安全なのかもしれません。

池袋の事故を含めて、MT車なら起きえなかった不幸も多いので最近MT車が見直されているようで、MTがマストな私なんかからすればとてもいい流れに思えます。
メーカーももっとMTのラインナップを増やしてほしいです。

Re: マスコミ

くろぶたみそ さん、こんにちは。

ネットが普及するにしたがってマスコミのクズっぷりが明らかになていますが、最近は特にそういう印象が深いです。

特にモリカケあたりからその辺は顕著で、マスコミが世論を反安倍に誘導したいのがバレバレで、ネットの名もなき人たちの情報の方がよっぽど信用できたりします。
A新聞なんかお金を払って購読する価値があるのかどうか。
もっともA新聞の購読層は高齢者ばかりとも聞きます。

うちの会社でも新製品とか新システムを発表・発売するとプレスリリースを出すのですが、記事は丸写しな感じなので、プレスリリースには「そこはかとなく宣伝を入れる」のが常套となっているほどです(笑)
本当に記者のレベルって地に落ちていますね(笑)
しかもあろうことか、テレビの情報番組なんか多くがネットの情報(視聴者提供とか)で、独自取材とかしていないのかって思って今います。
なので、事件事故の映像を撮っても「一切マスコミには提供しません」明示している方も増えていますね。

池袋のジジイは未だに「車が悪い」と言っているみたいですね。
あれだけの事故を起こしておいて、反省の色なしとは…

MT車だと駐車場での踏み間違いがなくなるのはもちろん、シフト操作があるので、運転中にスマホなんて見ることはできません。
て言うか、運転中にスマホ見すぎ(怒)

マスコミは、A新聞のほかにM新聞、Y新聞なんかも酷いです。

Re: タイトルなし

ぶーちゃんさん、こんばんは。

池袋の事故に関しては、信号無視による事故は明らかなのにどうして逮捕されないのかってネットでは炎上状態でしたね。なもんだから勲章をもらった「上級国民」は逮捕されないのかとか別の意味で炎上する。
なのにマスコミは「逮捕されない正当な理由」をきちっと国民に説明しなかったんだから怠慢としか言いようがありません。

>運転中にスマホなんて見ることはできません。
以前高速道路の事故で、トラックがバイクの女性に追突して死亡させた事故がありましたが、トラックの運転手はスマホでマンガを読んでいたとか。
本当に、運転中のスマホなんてMT車乗りには考えられませんよね。
今回の園児の事故も、右折車のドライバーはぶつかってから事故に気付いたって言っていますが、そんなことあるのか、スマホでも見ていたんじゃないのかっていうのが私の意見。
その辺を追っかけるのがマスコミの記者の仕事だと思うのですが、今のマスコミは警察発表を記事にするだけですね。

>マスコミは、A新聞のほかにM新聞、Y新聞なんかも酷いです。
A新聞は急速に部数を落としていますが、S新聞以外はかなりやばいと認識しないといけないと思います。
自動ブレーキはどうして役に立たなかったのかジャーナリストなら取材して調べろと思うのですが、そんなことをしたらスポンサーを失うからやらないのでしょうね(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター