FC2ブログ

河口湖ラベンダー2019

先日、天気はあまりよくなかったのですが、河口湖にラベンダーを見に行ってきました。
場所は大石公園、出かけるのは毎年恒例になっているんですが、今回は仕事の関係でラベンダーフェスティバル中に出かけることができず、フェスティバルが終わってからになってしまいましたが、フェスティバルの出し物が撤収した後の駐車場が使えたので楽にクルマをとめられました。

kawag1901.jpg
kawag1902.jpg

ラベンダーの美しさと香りを堪能してきたのですが、毎年のように日本人より外国人の方が多い感じで、富士山は梅雨空で見えなかったものの、依然として外国の人の人気が高いスポットのようです。
台湾、インドネシア、ベトナム、フィリピン、インドなど南方系の人にはラベンダーは珍しいのでしょうね。

今回はフェスティバルが終わっているにも関わらずバス10台の外国人旅行者が押しかけていて大変な混雑でした。といってもほとんどの人がラベンダーソフトクリームの食べ歩きとかに夢中で30分もするとみんないなくなりましたが(笑)

kawag1903.jpg

河口湖でラベンダーを楽しんだあとは、山中湖へ行きイタリアンでランチをしてきました。
イタリアンのランチは、中国の方や韓国の方はまずいらっしゃらないのでゆっくりと静かに食事が楽しめます(笑)

帰りは山中湖からまっすぐ帰ってきたんですが、そこは梅雨時の山間地、時たまあり得ない大雨に遭ったりしたので安全運転です。

kawag1904.jpg

今回も帰路の57kmを27km/Lという素晴らしい燃費で帰ってこられたのですが、東名、富士五湖道路とか走っているとフランス車のすごさがよくわかります。けしてパワーはないのですが、サスペンションがストロークたっぷりに動くので運転のストレスが少なくて疲れないのがいいです。

欧州車ってゴムブッシュ類とかのパーツは定期交換を義務付けているので、耐久性はそこそこでもクルマの性能を引き出すパーツが使われているんですね。ブレーキなんかも利きを確保するためかローターもめちゃ減りするし(笑)

なので足回りとかきびきび動いて素晴らしいハンドリングと乗り心地だし、ブレーキも利きが良くて安心です。
その点国産車は耐久性とノントラブルを優先したパーツを使っているようで、乗り味、ハンドリング、ブレーキ性能がいまいちのような気がしてなりません。
まあ性能より信頼性を優先するっていうのはポリシーとしてあるとは思いますが、まさにそれが日本車なのでしょう。

とにかくちょっと遠出するとフランス車の良さがよくわかるので、買い替えの意識なんか吹っ飛んでまだまだ当分乗りたいって思うようになります。
だから10年越えと思われるプジョーが現役でたくさん走っているんですね(笑)

【今日の言葉】 中国人、韓国人の旅行者はなぜかイタリアンを食べませんね
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター