FC2ブログ

プジョー308

先日8月11日放送のTVK「クルマでいこう!」では「プジョー308」が紹介されました。
あれれ、また?って思ったのは言うまでもありません。
過去に、現モデルになった時、GTi発売時とやったので、3回目ではないかと思いましたが、今回はマイナーチェンジの紹介のようです。「全車8速ATになった」っていうのですが、ちょっと待ってよ、8速ATになったのって去年の夏じゃなかったの?と思いました。
BS朝日でやっているカーグラフィックTVでも最近プジョー308の紹介がありましたが、こちらはディーゼル車が1.5の新型エンジンになったということだったのでニュース性があったのですが、今回のクルマでいこう!は普通のガソリンエンジン車の紹介でした。
ただ番組を最後まで見たら、どうして発売6年目になるプジョー308を紹介したのかわかったような気がしました。

番組は全般的にプジョー308を「べた褒め」の状態。まあMCの岡崎五朗さんの元愛車だっただけに紹介にも力が入っていた感じ(笑)

p30819-01.jpg

エンジンは、欧州の新しい排ガス規制に対応するためにGPFが採用されたそうで、簡単にいうとディーゼル車の微粒子フィルタがガソリン車にも採用されたってことで、それでもプジョー308のEB2ターボエンジンは出力、ドライバビリティを損なうことなくいいエンジンに仕上がっているってことで、番組では「最上級の3気筒エンジン」と言い切っていました。

p30819-02.jpg

また内外装のデザインもバンパーデザインの変更や、i-cockpitを継承するなど丁寧でバランスの良いデザインと評価していました。
まあプジョー208乗りからすると内外装ともちょっとおとなしめに見えますが、フランス車的なアクが強くないのはいいことだと思います。

p30819-03.jpg

MT車乗りにはあまり関心がないのですが、8速ATの評価も最上級な感じでした。
おそらくアイシンAW製のATだと思うのですが、ちょっとアクセルを踏み込むと2,3段飛び越してシフトダウンするそうで、その辺はフランス車的ではあるようですが、燃費的には却っていいのかもしれません。

p30819-04.jpg

今回特に強調していたのは、乗り心地とハンドリングで、乗り心地については特にシートと上質な足回りをほめていて、シートについては「乗り込んだ時にシートがものすごく気持ちがいい」と強調していました。こういうシートのほめ方は、他のクルマではしませんね。国産車ではまずしません。
シートの良さは208も同じで、国産車では到達は50年かかるだろうって思うほど(笑)

p30819-05.jpg

またハンドリングについてはコーナリング性能の良さ、ライントレース性の良さを強調していました。「ハンドルを切ればすぐに曲がるっていうスポーティさとは違うもっと奥が深いスポーティさ」という言葉ではよくわからない表現なんですが「実際乗ってみて感じればすぐに理解できる」ってことで、これは208乗りも納得でプジョー車共通の仕上げのようでその通りと思います。

p30819-06.jpg

ある程度スピードがのっている状態でステアリングを切ると、フロントノーズがポーンと横っ飛びするあの感覚(笑)
その直後に巨大なロールが来てビビりまくるあの感覚(笑)

で、プジョー308の評価なんですが、岡崎さんはインプレでも強調していた通り「スペックに表れない部分の実力・作りこみ」に〇、藤島さんの〇は、「デザイン・環境性能・乗り味の良さ 熟成の域に達した名車!」とのこと。

p30819-07.jpg

え?名車?

p30819-08.jpg

この番組はスポンサーや車両提供メーカー・ディーラーへの忖度なのか、かつての三本和彦さんの「新車情報」時代のような「辛口評価」はほとんどしなくなったのですが、「名車」と断言するのは初めてかもしれません。「極めて異例」というしかないほど(笑)

岡崎さんは「われわれ(自動車評論家)は、フランス車が好きで、かつて失っていた(感じがある)猫足が戻ってきたのはうれしい」って番組でもコメントしていましたが、今回のプジョー308のマイナーチェンジはそこまですごいのかって思いました。
だから今更なのにプジョー308を紹介したのか、と納得した次第。
それにしても「名車」と断言するとは思いませんでした。
208でフランス車の良さは十分理解していますが、機会があれば308に乗ってみたいと思います。っていうか308はそろそろフルモデルチェンジが気になるころですよね(笑)

【今日の言葉】 自動車評論家にフランス車乗りは多いそうですが、BMW乗りはほとんどいないそうですね。わかるけど(笑)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

ざがあとさんは情報が早いので、記事のタイトルを見たときにてっきりnew308のリーク画像でも出たのかと思いました笑


私の308は2014年式なので、すでに5年が経とうとしています。走行距離も6万㎞を超え、サスペンションのショックが鳴き出したり、ステアリングをきったときに音がしたりと所々ガタが出始めています。
ですが走りに関してはブッシュなどもヘタリが出てきてると思いますが全く衰えは感じずとても快適です。
やはり「スペックに表れない実力・作りこみ」でしょうか。
これに関しては本当に乗ってみないと分からないと思います。

凄いと思うのは長時間運転しても疲れないということ。
無駄なステアリング修正が無いので運転がとても楽なんです。これは208にも共通していると思いますが。
前にもコメントしましたが、以前レンタカーのカローラワゴンを旅先で運転し、とても疲れた記憶があります。あんな車もう二度と乗るものかと。308なら快適な旅行だったのにと思いました。

相変わらず「空調機能の操作はタッチパネル」に×が付いてますが、物理ボタンの場合でもブラインドタッチはあまりしないと思うんですけどね(^-^;
温度を調整するのに数値を見ない人はいないと思いますが。

そんな優れた308、マイナーチェンジでさらに熟成されたのでしょうか。
ただフロントマスクは前期型の方が好みです。あのにやけ顔がいい感じです。後期型はドイツ車っぽくなった気がするので。

ともあれ機会があれば今度試乗してみたいです。

Re: タイトルなし

隼さん、こんにちは。ネットがつながらなくて返事がおそくなりました。

本来ならそろそろ「次期308」の情報が出るころだと思うのですが、クルマでいこう!でマイナーチェンジ版の紹介をやっていたので驚きました。とはいえMCの岡崎さんは308のオーナーだったわけで、ことあるごとに「ゴルフ7よりこちら」って言っていますね。

>サスペンションのショックが鳴き出したり、ステアリングをきったときに音がしたりと所々ガタが出始めています。
このあたりはしっかりとサービスマンに伝えて整備してもらいましょう。
とはいえ、プジョー車は全般的に音が静かなので、こういうガタピシとか気になりますよね。

ブッシュ類とか交換部品については、「欧州車は距離で点検」となるので、その距離の分だけしっかりと機能するパーツが使われるって聞いたことがあります。要するに「耐久性より性能重視」ってことですね。
一方日本の点検システムは2年ごととかの「期間」なので、2年で隼さんのように3万km走る人もいればうちのように1万kmも走らないってユーザーもいるわけで、最もハードに使うユーザーのために「性能より耐久性」になるそうで、だから乗り心地とかハンドリングとか欧州車にかなわないという意見。裏を返すと欧州車ユーザーはメンテナンスコストがかかるということになります。
いい例がブレーキローターで、国産車ではまず車検で交換はあり得ないですが、欧州車は普通に交換があります。身を削って性能を確保するパーツなんですね。だから欧州車はブレーキの利きのレベルが違うなんて言うわけです。

>「空調機能の操作はタッチパネル」
プジョー308のデザイナーさんは、インテリアのボタン類を極力減らすデザインポリシーだと言っていました。
ところが次の3008あたりからは逆にボタンを増やしてますよね(笑)
なので308だけがプジョーとしても独特な内装デザインになっていますね。
タッチスクリーンで使いにくいって言ったって、人それぞれだと思いますけど。

>ただフロントマスクは前期型の方が好みです。あのにやけ顔がいい感じです。
私も208乗りだからそう思うのかもしれませんが、エンジンフードの中央にプジョーマークがあるほうがいいと思います(笑)
っていうか新型508から始まった新デザインでは「508」って数字が入りますがね。昔のプジョー車の先祖返りなのかな。

>後期型はドイツ車っぽくなった気がするので。
確かに。ゴルフと見間違うほどですよね。やはりエンジンフードにプジョーマークがないと雰囲気でませんね(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター