NHK視聴カード

最近のニュースでは、テレビを設置していながらNHKの受信契約をしていない人に対し、NHKは放送法を盾に訴訟を起こすらしいです。

総務省から「公共放送」を担わされている放送局が、闇金の取り立てさながらに受信料請求をしたり、請求金額をはるかに超える経費を掛けて訴訟を起こしたりっていうのはかなりの違和感があります。人情としてNHKっていうのはそんなに偉いのかって思ってしまうわけです。

年末の紅白歌合戦の招待客は受信料納付者限定だそうで、払っていないやつは見るなって言っているようなもので、それならそれでスクランブルかけろよ思います。ネットの調査でもスクランブル賛成派が70%を超えるというデータもあるようです。

スクランブルを掛けるなら、この「地デジ化」のタイミングが最適だったと思うのですが、タイミングを逸した感が否めません。

でも地デジなら、あの悪名高き「B-CASカード」が必須なので、これを利用して「NHK視聴可能B-CASカード」を作ればいいじゃないかって思います。(写真はイメージです)

nhkbcas.jpg

受信契約をすると「NHK視聴可能B-CASカード」が送られてきて初めてNHKを見ることができる。デフォルトのカードでは民放しか見られない。NHKを見たくない人は契約しなくてもいい。技術的には難しくないでしょう。

それより、NHKが唯一よりどころにしている放送法は、「契約しないこと選べない」わけで、法律として欠陥があるのではないでしょうか。なんかそんなものは契約でも何でもないような気がします。

【今日の言葉】 やるべきことをやらないで、金、金、金って言ってて嫌われるのはNHKだけではありますまい



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター