FC2ブログ

ネットにつながらない!

会社では今週はテレワーク強化週間だし、昨日はプレミアムフライデーということもあり休みを取りました。いや、プレ金はまだやっていますって。詳細はこちら

家のPCなんですが、モデムとかブロードバンドルーターとかネットワークハブとか「常時通電」はいくつかのタップで使っていたのですが、古いタップは効率面でも火災リスク面でもよくないっていうので買い替えることに。

昼に某家電量販店に行き、PCサプライメーカーのタップを買ってきて、お昼を食べてから交換しました。
常時通電ってことなので数年間ほったかしの状態だったので、すべて取り外してから掃除までして。

さて、新しいタップに常時通電コンセントをすべて接続して電源オン!

と思ったら、PCを起動してもネットにつながりません。ネットワークアイコンに黄色い三角のビックリマークが。
「インターネットへの接続がありません」の状態。

これはモデムがACKを拾えずタイムアウトエラーか何かで接続できていない状態。
まあこんなのはWAN接続のネゴシエーションのタイミングがあるので電源再投入で普通はうまくいく。
面倒なのは、この手のモデムって電源スイッチがついていないので、ACアダプターの抜き差しが必要なこと。

ところが何回やっても、何十回やってもネット接続ができない。
どうもランプが点灯する順番やタイミング見ても、プロバイダに接続してログインで失敗しているように見える(推定)。

LANは正常に動いていて他のマシンとの通信はできるし、ルーターの方はログインして設定や状態がチェックできて問題はないのがわかります。

うちのBフレッツはVDSLなので電話線の接続の問題かとも思い、新品のモジュラーケーブル、スプリッタがあったので交換するも依然として接続できません。

かれこれいろいろやること12時間。やってはいけないという「モデムの分解」までやって、入り込んだホコリを掃除したりもしました。モデムは基板1枚が入っているだけで、部品の接触箇所とか皆無なのでこれが壊れるのは考えにくい。ちなみに製造年は2004年なのでびっくりしました。
分解したモデムを元に戻して電源投入しましたが、やはりランプ推移を見ているとネット接続のネゴシエーション、ログインで失敗しているようです。これってプロバイダ側の問題なのかも。

これはNTTに問い合わせるべきなのかプロバイダに聞くべきなのか。もう深夜なので電話できないと思いながらも2004年に契約したときの電話番号があったのですが、ちょっとこれは古いかもって思います。
じゃあNTTか。NTT東の平塚支店か。って思ったんですが、ちょっと昔のことを思い出してうんざり。

こういうトラブルの問い合わせって、サポート担当者は明るく元気が良くて丁寧ではあるんですが、どこか上から目線の態度で、こちらのトラブル現象を信じていない雰囲気があるんですよね。
で、担当者の回答は「電源を入れなおして」とか「PCには何を表示しているか」とか「起動の順番は」とか、「Webのトラブルシューティングに書いてあることを順番に言っているだけ」な感じです。
そう考えるとサポートに問い合わせるのはうんざりです。

モデムの故障なら交換してもらう必要もあるし、もうサポートに聞くしかないかってへこんでいたら「そろそろお風呂に入りな!」って奥さんが。
とその時、いきなりモデムがネゴシエーションエラーだったタイミングを通過して起動しだしました。
「おお。接続できた!」
早速ルーターにログインしてステータスをチェックましたが、正常になっていました

corega1807.jpg

以降は安定して動作してくれていますが、ネットがないとニュースもチェックできないし、買い物とかも知り合いとの連絡も制限されてしまうって、いかに重要な生活インフラなのかよくわかりました。

※今回のトラブルを推定すると、モデムの電源を落として掃除をしたのですが、その時間が長すぎてメモリーがフラッシュしてしまったから、と思っています。これまで電源抜き差しによるモデム再起動&再接続を何回かやっていて、その時はこんな現象はなかったので。

【今日の言葉】 奥さんが「サポート担当に上から目線されるのが嫌なら、バッキバキの専門用語で突っ込めばいいのよ」って。なるほど。こっちもITエンジニアなんだからね(笑)

Windows10

会社には協力会社の社員を含んて3800人ほどが働いているそうですが、このほどセキュリティ強化を目的に使用しているPCがすべてWindows10になるということで、4月から順次切り替えているんですが、ついにうちの部署にも新しいPCが来ました。
最終的に4200台ほどのPCがWindows10に切り替わるそうですが、社員の数よりPCの方が多いのは、営業とかが2台使いだからだそうです。
まあ、私たち設計部署も自席PCとは別にシンクライアントのPCを持っていますけど。会議とかで使うんです。

で、新しいWindows10のPCが来たのですが、会社自席PCのこれまでのWindows7から環境構築とデータ移行が面倒かと思ったら、「45分でできる!Windows10移行完全マニュアル」なんてのが情報システム機器管理部から発行されていて、PDFだからってなめていたんですが、印刷したら50ページ近くもある。印刷してしまったのでしょうがないから使おうってことでこのマニュアルを見ながら作業。

会社独自のセキュリティ設定、LDAP設定、メール設定、DHCP設定、標準利用フォントの設定などなどマニュアル通りに作業を進めるんですが、なんとなんと40分でできてしまいました。
「このマニュアルすごい!」って思ったのは言うまでもありません。
でもドキュメント来歴が初版から1週間ほどで「R12」とかになっていて、試行錯誤、内容のレビューと修正を繰り返したのがわかります。

さて、無事Windows10になって、特に違和感はないのですが、IMEとかわりと使いやすくて、マイクロソフトOFFICE関連も使いやすくなっていて気に入りました。

ユーザーアカウントには画像が入れられるんですが、移行マニュアルにはその記述がない。
これを入れなきゃしょうがないじゃんって思って入れることにしたのですが、そこはプジョーユーザーで、こういうところで「プジョー愛」を表現したい。
ってことで、納車のときの旧所有車のアルテッツァとのツーショットを使ってみました。

w10208a02.jpg

ところがこれがこうなってしまう。

win10login0.jpg

だめですね。プジョー208はわかるんですが、となりのクルマがアルテッツァとわからないのが残念。(画面は自宅PCでの再現です)

じゃあ、元部下Uのプジョー308とのツーショットはどうか。

w10P208-308.jpg

これがこうなる。やっぱり隣が308なのかどうかわらなくてだめですね。

win10login1.jpg

ということで、それなら他の写真だ、ということで次々にやったらこの写真が!
プジョーのリアタイやの写真。これをユーザーアカウントの写真にするのはあんまりだろうって思います。

w10reabrake.jpg

ところがログイン画面がこんな感じで「!!!!」です。

win10login2.jpg

なんてシュールなログイン画面(笑)
会社のPCでは、背景の写真が山の傾斜になっていて、まるで転がり落ちる巨大タイヤって感じでシュールさは半端ない(笑)
とっても気に入ったので当分この写真で行くことに決めました。何気に楽しいので。
それにしてもこんなにぴったりとタイヤがはまるとは思いませんでした。

【今日の言葉】 私のログイン画面を見て、一瞬凍り付く人は何度見ても楽しいです

PCトラブル--その2

PCトラブルの話題ですが、前回は明示的に「その1」としたので、2があるんだろうと思われたと思います。そうなんです2があるんですということで今回はその2です。

前回の通り、奥さんのPCのトラブル対策は「一難去ってまた一難」という感じで対応してきたのですが、その一難ごとの調査に私のPCを使うわけですが、SSDに交換して以降、奥さんのPCの起動の速さが驚異的で、自分のPCはなんて遅いんだって起動するたびに思っていた次第。
まあSSDに比べればHDDは遅いさって思うんですが、それにしても遅い。
OSロードが遅いのならやはりHDDとSSDでは勝負にならないともいえるんですが、電源投入してからBIOSの画面が出るまでが遅い。

これってHDDの認識が遅いのかと思います。やたらHDDがBIOSに認識されるまでガリガリ言っている。
HDDの音って本当にいやなもので、「ああ、これは早めにデータのバックアップとかしなきゃな」とか思って目の前に付箋を付けたり。

pctr2018-01.jpg

ところがその次の日、その日2回目の電源投入でPCが起動しなくなりました。ブートマネージャーが見つからないってエラー。

まあね、ブートマネージャーが見つからないとかWindowsが見つからないとかいうのはOSローダーのファイルが壊れてその先に行けない場合に「よく出るヤツ」なのでそれほど慌てません。
おそらくMBRのセクタか何かが壊れたのだろうってことでWindowsをDVD起動して修復ユーティリティーで起動周りの修復をします。
問題のMGRが修復できないので、別のディスクのMGRで修復したみたいです。

おお、これでWindowsは立ち上がるぞって思って再起動したら、BIOSの画面でHDDが1台認識しないのが判明。
ああ、なるほどそういうことか。認識しないHDDにMBRというかブートマネージャーがあったのね、って感じ。
OSはその認識しないHDDではないところにあるので普通に起動。やはり認識しないHDDのドライブは参照できない。
って?!このHDDは一番重要なデータがあるHDDでした(恐

パーティションを3個に分けてあるんですが、いずれも大切なデータで、特に痛いのは個人管理のデータ。プジョー208の走行記録や、給与明細、金銭出納とか銀行預金の出納、住宅ローン関係、健康管理データ、人間ドック記録、そして何よりも25年分の日記データ。
中でもさらに痛いのは、メールがメールソフトごと消えたことと、ずっとやってきた数々のゲームのセーブデータが消えたこと。

このPCを立ててちょうど5年になりますが、当時はタイの洪水でバルクのHDDの品質が悪かったことがあって、それなら外付けHDDの中身のHDDを使えばいいという情報があって、なるほどそれなら部品として「中のHDD」は検査されているはずだし信頼性は高いだろうって思って使っていました。
ところが今回の「中のHDD」であるSG社のHDDは、それを使う外付けHDDも認識しないというトラブルが多かったそうで、データ復旧業者では「SeaGate ST2000DM001」はトラブル件数が多いので有名だったとか。信頼していたのに裏切られた感じでがっくしです。

問題のクラッシュHDDを取り外したらそのあとはのんびり復旧すればいいやってことで、同型式、同リビジョンのHDDを捜し当てて、基盤を交換したりいろいろやってみましたが、結局現象変わらず、マザボからのSATA直結でもUSBアダプタ経由でも認識しません。
ということでデータ復旧は絶望的。

それなら開けてしまえ、ってトルクスドライバーを購入して開けてみることに。開けてしまうと二度と使えなくなるリスクがあるのはもちろん承知で。
写真ではディスクに何気にチェブラーシカが写っていますが、その当たりをよく見ると大きな傷。しかも比較的外周です。

pctr2018-02.jpg
pctr2018-03.jpg

これが内周なら、キズの位置まではデータが読めたかもしれませんが、これではもうだめでしょう。
ヘッドアームを交換してみるっていうトライが残っていたのですが、このディスクのキズを見てしまうと無駄なような気がします。

ということで現在は新しいHDDを組み込んでデータ復旧中です。
先にも言ったように2012年にこのPCを立ち上げた時に、旧PCのデータバックアップがあるので、管理データ関係はそこから再スタートです。
イラスト類とかきれいになくなったと思ったら、2012年のバックアップにほとんどそっくり残っていました。
考えてみればこの7年ほどイラストを全くやっていなかったからなあと気づいた次第。

新しいデータ環境が落ち着くのはゴールデンウィーク明けになりそうです。ってゆか、ゴールデンウィークがつぶれるのか(涙)
それにしても2TBって一言でいうけど、そのデータの量はとんでもないのがよくわかりました。今後はこまめにバックアップしましょう。

実はこの5年ほどPCの調子がいいなあ、トラブルがほとんどないなあ、さすがは外付けから抜いたHDDなんて思っていたのです。
自分の大切なデータが消えてしまう恐怖がお分かりになったら、とにかくバックアップです。
ミラーリングという手がありますが、自分のミスで消したものは戻りません(笑)
とにかくバンクアップが一番です。私の場合は付箋を貼るのが遅すぎたんです(涙)

【今日の言葉】 HDDクラッシュって言葉はよく聞くのですが、めっっっっったに起きないらしいです。って個人的には25年PCを使ってきて初めてだったりします。自分のミスでデータ消しちゃった、はよくやりますが

PCトラブル--その1

去年の秋頃から奧さんのPCの調子がイマイチでした。

現象としては、デジカメ画像取り込みにUSBを接続するとPCが落ちてしまう。
動画を見ていると突然PCが落ちてしまう。
ただいずれもインターミッテントな発生で必ず起きるというものでもないのがくせ者でした。

使っているPCのCPUはAMDのPhenomII、マザーボードもそろそろ10年になる代物だったので、キャパシターの信頼性が落ちているってことも十分考えられるってことで、それならもう少し新しいCPUマザボセットに置き換えてみようってことに。

【マザボCPU入替え】
そういうことで私が使っているPCの待機系パーツを使うことにしました。CPUはインテルCore2Quad、マザボはASUSで。
これまでの2コアが4コア8スレッドになったので快適に動作。USBも動画も問題なく使えるように。

けっしてヘビーユーザーではないのですが、奧さんにとってPCは買い物、SNS日記、Youtube、ニュースなど情報収集には欠かせないツールなので、少々オーバースペックではあるものの、信頼性が重要なわけで、そういう意味ではまあまあのPC構成となりました。

【再度マザボCPU入替え】
ところがそれから2ヶ月ほどしてやはりデジカメをつなごうとUSBを差した瞬間に落ちてしまうと。
マザボCPUをAMDからインテルに入替えたのにこれまでと全く同じ現象に、なんか呪われているんじゃないのって冗談も言ったのですが、やはり待機系の古いマザボではNGかってことで、ちょっと古いけど新品未開封のGIGABYTEのマザボがあるのでそれを使うことに。

ただそのマザボのソケットに対応したLGA1155のCPUがないので購入することに。
ところがCPUとしてはもう旧世代になるので新品を見たらとても手が出ないほど高価。
それならヤフオクがあるじゃないかってことで落札したのが「インテルCore i7 2700K」。奧さんが使うには超超超高性能になるのですが、これをゆるゆると使って信頼性優先でいくのも手だし。場合によっては「クロックダウン」して使う手もあるし(笑)

【HDD⇒SSDに】
さて、CPUマザボを入替えようとしたら新たな問題が発覚。
これまで起動用HDDはIDEだったんですが、新しいマザボはIDEスロットが付いていない。すべてSATA。
SATAのHDDは待機しているものがないので、購入しなくちゃならない。
おお、それならこの際だからSSDにしようか。性能を重視しない普及版なら120GBで5000円ほどで買える。
ってことでIDEのHDDからSSDに引越しして起動したのですが、起動の速さにびっくり。これはすごい。

【Windows10クリアインストール】
ところがまたまた問題発生。Windows10が認証されません。そりゃそうだ、ハード環境が変ったからね。っていうか変りまくりでしょ。

奧さんのWindows10はWindows7からのアップグレードなんですが、今更Windows7からインストールするのは面倒なので、Windows10アップグレードのDVDを使ってクリアインストールができるっていう方法があるそうなので、それをやってみることに。
案ずるより産むが易しなのか簡単にクリアインストールができました。認証もWindows7のプロダクトキーで問題なく通りました。

さあ、これでそっくりきれいになったし、SSDのおかげで信じられないほどの起動の速さで、2700Kマシンはサクサク動きます。
ここまで長かった~ってひと安心したらまた新たな問題発生。しかもかなり厄介な。

【カーネルパワー41】
新たな問題というのは、使っているといきなりPCが落ちる。イベントログが残っているので調べたら、「カーネルパワー41」という有名なWindowsのトラブルじゃないか。いわゆる「KP41病」というやつ。

これもいろいろ調べて見ると、電源管理を省電力とかバランスではなくパフォーマンスにすればいいと言うことのようです。
クルマだってうちはハイブリッドとかではないので、省電力なんて言葉には翻弄されません。パフォーマンスで行こう!ということで設定。その後KP41はほとんど発生しなくなりました。めでたしめでたし。

【やっぱり電源か】
ところが今度はスリープにしてから復帰するときに復帰せずに再起動になったりする。なんだこれはって思ってようやく気づいたのが
「電源」
電源が古いからじゃないかと。電源のキャパシターがへたっているんじゃないかって。
購入歴を調べたら10年を超えていました。要するに電源供給が不安定だったんですね。一番最初の問題点だった「USBを差すとPCが落ちる」っていうのも、USBに電源供給をするとシステムの電源が不安定になるってことだったようです。なんでもっと早く気づかなかったのかなあと思いました。

ということで電源購入。信頼性優先で「80 PLUS BRONZE」「安心の3年保証」のものを購入。

poweru2018.jpg

電源を新品にしたらウソのように安定しました。めでたしめでたし、だよね(笑)

【画面フリーズ発生】
って思ったら今度は動画を見ていると画面がフリーズする。そのままフリーズではなく、チェッカーフラッグみたいに市松模様のような乱れ方をしてフリーズする。

ああ、これはもう勘でメモリーと分ります。2枚あるメモリーのスロットを入替えても同じ現象が発生するので、メモリ電圧を1.50Vから1.58Vへ盛ってみたらウソのように発生しなくなりました。

【ようやく安定を手に入れました】
それから2週間ほどになりますが、ものすごく安定して2700Kの高性能を楽しんでいるようです。
って結局半年ちかくかけて全く別のPCになっただけと言えなくもありません(笑)

とはいえ、最初のUSBでの不具合で電源交換していたら、ここまで手間と時間と費用をかけないで済んだかもしれません(笑)
まったくどんだけ「一難去ってまた一難」を繰り返したことやら(苦笑

【今日の言葉】 5年以上もノントラブルだと、トラブル発生時の勘って鈍るものなのだと実感しました

ブロードバンドルーター購入

注文していたコレガのブロードバンドルーター「CG-WGR1200」が到着しました。
箱が大きいのでびっくりしたのですが、本体も大きくてびっくり(^o^)
ただ何気にLANケーブルのコネクタパーツをしっかり流用しているのがわかって面白いです。

wgr01.jpg
wgr02.jpg


早速接続ですが、昨日緊急導入した古いルーターの環境がとりあえず動作しているので、WGR1200はまずは設定だけってことで、PCにLANケーブルを直結。
ところが、WAN、つまりモデムをつなげと言ってくる。モデムをつながないと設定画面が呼び出せない。何だこりゃ。
ってことでしかたがないのでモデムをつないだら自動で設定画面が開いて、インターネット接続のIDとパスワードを入れろと言ってくる。つまり「接続しさえすれば自動認識して、必要情報だけ入力するような設定プログラムになっている」ようです。っていうか、これまでのルーターユーザーからすれば大きなお世話なんですが。

しかもあろう事か、PCを接続すると自動でPC名称を認識してMACアドレスも取り込んでPCデータベースを作って、しかもDHCPの設定まで自動でやってくれる。
これはクライアントがWindowsのマシンかMacマシン限定かと思いますが、何にもすることがない。

結局やったことは、古いルーターから置き換えて、Webサーバのマシンのポート80を開けただけ。便利すぎてものたりないです。しかもACアダプタまで同じ仕様なので流用できてしまいました。やはりコレガという同一メーカーだからでしょうか。
でもこうして何も問題なくPPPoEやDHCPやバーチャルサーバの設定ができたのだからよしとしましょう。

もう一つ、このWGR1200には無線アクセスポイントがついてきます。しかも11ac/n/a/g/bと規格のフル装備という感じ。
普段無線は使わないのですが、会社のVPNに接続するセキュリティPCがあるので、無線接続をやってみたらいとも簡単に接続できてしまいました。そのうちニンテンドウDSの接続にもチャレンジしてみます。

楽天のポイントを1500ポイント使って6500円ぐらいで購入したのですが、予想以上のコストパフォーマンスに満足しています、っていうか便利さにぽか~んの状態です。
新モデルが出るたびに、より簡単に高機能に低価格になるようですが、信頼性もよろしくお願いしますよ、というところです。

【今日の言葉】 わりと強い電波が出ている可能性があるので、無線を使わないときは無線機能をオフにしておいた方がいいのかなと思います

プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター