ディーゼル乗用車

自称走り屋ではないクルマ好きなので、今はプジョーという欧州車に乗ってはいるものの、国産車の勉強も欠かさないために情報収集をしていますが、「日本車にあって欧州車に一番近い」と言われるマツダ車を見ると、ディーゼル車のラインナップが充実しているのがわかります。

ラインナップの選択肢も「ガソリン/ディーゼル」とガソリン車を明示的に表示しているのも、ディーゼル車がガソリン車と同等に売れるから、ということなのでしょう。

考えてみれば今の国産車のディーゼルブームを作ったはマツダのようで、それだけ「スカイアクティブ-D」って言うんですか、トヨタとか日産が「技術はあるのになかなかやらなかった」コモンレールディーゼルを積極的に展開して人気を獲得したようです。
マツダデミオのフロントグリルに赤い横線が入っているのでってディーゼルだと思っているのですが、そうですよね。

コンパクトカーのディーゼルはマツダのひとり勝ちという感じですが、欧州では乗用車のデフォルトがディーゼルって言われるほど一般的で、CO2の排出が少ないのでエコだ、なんて言いますが、CO2の排出が少ないってことは、いわゆるカーボンバランス法でいう「低燃費」ってことなので、何のことはない、燃料費が安く付くから欧州では人気なのでしょう。

そんな感じで日本でもディーゼル車が流行しだしたってことで、これまでのベンツやBMWだけでなく、ボルボやプジョーまで展開を始めました。ディーゼル車はガソリン車よりちょっと高価になりますが、エコカー減税とかの税制で価格差が埋まってしまうそうです。

私もその昔は後輩のディーゼル乗用車を乗り回していたので、その扱いやすさと経済性を知っているので最新のディーゼル車には興味があります。

ディーゼル車の最大のメリットは低速トルクによる扱いやすさだと思います。
MTしか乗らないのでATではどうか分りませんが、太い低速トルクのおかげで頻繁なシフトチェンジが不要なので楽ちんです。
もう一つのメリットは航続距離が長いこと。みんなで東京から新潟までスキーに行っても、往復無給油は「ジェミニディーゼル」だけでした。すごいぞいすゞ(笑)
しかも当時はレギュラーガソリン130円/Lに対し軽油は55円/Lほどだったのでとんでもなく燃料費が安くてうれしかった。

じゃあ今でも扱いやすさと燃費でディーゼルを選ぶしかないじゃないか、っていうとそうでもありません。

まずディーゼル車は渋滞が苦手です。っていうか苦手なのはドライバーの方で、運転したくなくなるほど快適でないわけです。振動と出だしのもっさり感ですね。
山に行けば峠なんかは持ち前の低速トルクでぐいぐい登ってくれますが、エンジン回転に軽快さがないし、エンジンが重くなるせいかハンドリングもイマイチであまり楽しくないです。
チョイ乗りが多くて、走行距離が少ない人には燃費のメリットもあまり出ません。っていうか今は軽油って100円もするわけでガソリンと価格的な優位は圧倒的ではなくなりました。

というわけで、渋滞が多かったり、ちょい乗りが多かったり、年間走行距離があまりなかったり、エンジンをヒュンヒュン回して走りたいとか言う場合はガソリン車の方が楽しいみたいです。

っていうか普通過ぎて気づかないかもしれませんが、そういうところがガソリン車の良さなんですね。その良さはたまには見直したいです。

【今日の言葉】 もちろん、一度エンジンをかければ50㎞は軽く走っちゃうっていう「欧州的ユーザー」にはディーゼル車はぴったりです!

続々・REGNO GR-XI

またまたタイヤの話題となりますが、先日御殿場プレイミアムアウトレットに行き、帰りは足柄峠越えで帰ってきて、今回初めて峠道らしい峠道を走ってきたと言うことで報告です。

御殿場までの行きは東名高速を使ったわけですが、相変わらずブリヂストン レグノGR-XIは堅めの乗り心地ながらロードノイズが静かでエンジンの音が気になってしまうって言う快適さなんですが、帰りは一般道で足柄峠を静岡側から登ったわけですが、ぐいぐりグリップして頼もしい走りを見せてくれました。

峠の走り方の基本としてまず燃費をあきらめましょうってことで登りではアクセルをめいっぱい踏み込んでトルクフルな走りを楽しんだわけですが、そのせいで御殿場から足柄峠のふもとまで19.2㎞/Lで来ていた燃費も一気に13.5㎞/Lに落ちました。っていうかそれでもこの燃費は素晴らしいと思うし、1.2LのNAながらレグノの性能を活かした素晴らしい走りをしてくれたプジョー208に満足です。

ashigara-01.jpg

足柄峠を越えて神奈川県側に入ればあとは下りです。
下りもものすごくというかかなりワインディングで、まるで螺旋階段を降りていくような箇所があちこちになるのですが、プジョー208のレグノは鳴きもしません。タイヤのトレッドパターンの角が丸めてあるのが効いているのかもしれません。
下りなのでエンジンパワーはオフながら、要するに転がっているだけながら、素晴らしいハンドリングを見せてくれました。

ashigara-02.jpg
ashigara-03.jpg
ashigara-04.jpg
ashigara-05.jpg

峠でもハンドリングがいいプジョー208とグリップと静粛性のバランスがいいレグノの相性は抜群みたいでした。
正直言って、これまでのミシュランより峠を走るのが確実に楽しかったです。

メーカーが自負するように抜群のバランスを見せてくれるタイヤなんですが、タイヤメーカーとしていろいろなクルマに装着してテストを繰り返したのだなあというのがハンドリングや乗り心地に伝わってくる感じがしました。
やはりプレミアムブランドなので、そういうところにコストを掛けているということなのでしょう。
さすがはメイドインジャパンと言っていいのではないでしょうか。

峠道も安心して走れるタイヤであると分ったし、足柄峠のような峠道は法定速度で走っても楽しいのでまた走りに行きたいと思います。

【今日の言葉】 神奈川県側は長年かけて道路が広くなったのですが、走り屋のタイヤの跡がひどかったです

ashigara-06.jpg

2018年型ポロ

VWのクルマで一番買いやすいモデルは158万円からあるUP!なんですが、Aセグだし4人乗りだしってことで、やはりファミリーコンパクトとして使うにはその上のBセグ車ポロでしょう。

ところが現行のポロはうちがプジョー208を購入した2013年時点ですでに古くて、それから5年近くなるのでそろそろかなあと本国ドイツや右ハンドルがあるイギリスのディーラーサイトに行ってみたらまだ現行モデルを販売していました。

ところがページの下の方に「カミングスーン」な新型が載っていて10月から販売開始だそうです。
新型ポロについて詳しい情報はまだのようですが、概要は紹介されていました。

エクステリアは思い切りキープコンセプトな感じです。それなりにライト類にLEDを使って最近のVWデザインランゲッジに沿ったリファインはあるのですが、私にはキープコンセプトに見えてどこが変わったのって感じです。

2018Polo01.jpg

昔の日本のライトバンみたいな6ライトウィンドウも相変わらず。ドイツ人は頑固だなあって思っちゃいます。
デザイン的な面白みもないのですが、「VWなんかこんなもの」と思えばこんなものです(笑)
運転しているとエクステリアデザインは関係ないからねえっていう「論理的な思考」なのかもって。


ところがインテリアをみたらちょっと驚き、っていうかすっきりがいいって言ってもやり過ぎを感じてしまいます。

2018Polo02.jpg

とはいえ旧モデルのインテリアが30年前の日産パルサーとあまり変わらなかったことを思えば相当な進歩でしょう。
ディスプレイメーターはあまり賛成できないのですが、カラーを使ったパネルはN14マイクラなんかともつながって欧州Bセグのトレンドなのかもしれません。プランス車も今後やりそうって言えばやりそうなデザインです。

さらに驚いたのは、カタログで紹介しているモデルがAT車(VWはDSGなのでしょう)だったこと。

2018Polo03.jpg

カタログに載せるメインモデルがAT仕様って、欧州車もATの波が来ているのかもしれません。

まだ概要だけで詳細は分りませんが、どうも今回のモデルから全幅1700ミリは越えそうです。3ナンバーですね。
日本では使い勝手からなのか、Bセグ車の3ナンバーは嫌われる傾向が高いのですがどうでしょう。日本でかなり販売台数が多い車種なので日本仕様として5ナンバー枠のを準備してくるかもしれません。
そうだとしたらVWとしてかなり本気度が高いクルマになると思います。楽しみです。

【今日の言葉】 あとは価格次第で相当評価が変わるでしょうね。200万円を切ったりしたら日本車には脅威でしょう

ロールスロイス ドーン

こちら神奈川にはTVKという独立局に「クルマでいこう!」という人気番組があって毎回楽しみにしているのですが、今回の放送は「ロールスロイス ドーン」ってことで、何それ?ロールスロイスなんかこの番組でやるのって、何かの勘違いじゃない?って思ったのですが、「2ドアオープンクーペ」のドーンを本当にやったので驚きました。

RR01.jpg

しかも3740万円って「何だそれは」って感じですね(笑)
住宅ローンにしても支払うのに30年かかる値段です。

この番組の前の番組である「新車情報」では、MCの三本和彦さんの意向で「当番組では、普通は買えそうにない高価なクルマは紹介しません」「いくらぐらいまでかっていうと500万ぐらいかなあ」と言うことになっていました。
なのでメルセデスベンツでもSクラスは登場しなかったようで、せいぜいEクラスぐらいまででした。BMWは7シリーズは出てこなかったと思います。
なのに、なのに、ロールスロイスって、岡崎五朗さんが乗ってみたかっただけじゃないの、なんて思ってしまいました(笑)

試乗では、「比類なき乗り味」「優雅な走り」「6.6L V12エンジン」「高い静粛性」「クルマとの一体感」など「GO7RO'S POINT」としてその良さをアピールしていましたが、いまいちぴんと来ません。既に3740万円って価格にしらけてしまっているんです。
良さをどれほどアピールしてくれたところで購入できっこないので参考にもなりません(笑)

ゲストで来ていたディーラーのイギリス人女性は、たどたどしい日本語でメルセデスベンツなどの高級車に乗っている方に是非お勧めしたいようなことを言っていました。なるほど買い換え需要か。とは言えとりあえずプジョーユーザーは対象外みたいです(笑)

って、こんなクルマどこで買えばいいの?どこで売っているの?ディーラーなんかないし、なんて思ったのですが、すぐにディーラーがある場所を思い出してしまいました。
うちの会社の本社があるみなとみらい地区です。

RR02.jpg

フェラーリディーラーと並んで手前がロールスロイスのディーラーですね。裏に見えるのがランドマークタワー。
ディーラーができたばかりのときに珍しいから写真を撮ってあったのでした。
横浜の方はロールスロイスがここで買えるので便利ですね(笑)

それにしてもこうしてロールスロイスやフェラーリのディーラーが横浜商業地区としては一等地といわれる場所で堂々とやっていけているのだからけっこう売れるんでしょうね。
みなとみらいにはそのほかジャガーとかJeepのディーラーもあるようです。
プジョーもがんばって欲しいですが、こういう高級車ディーラーと争ってもしょうがないような気もします(笑)

【今日の言葉】 番組計測燃費が6.0㎞/Lだそうで、6.6L V12なだけに「燃費いいなあ!」って思っちゃいました

続・REGNO GR-XI

先日御殿場のプレミアムアウトレットに行って来ました。
行くときには東名高速を使うということで、REGNO GR-XIの高速デビューになったのでリポートです。

基本的に一般道路でも静粛性よし、グリップよし、乗り心地よし、ハンドリングよしというバランスされたタイヤなので高速でもそれなりの機能の予想は付いているのですが、どちらかというと最近付けたドラレコがETCと干渉しないかの方が気になりました。
ほんのわずかにETCのゲートが上がるタイミングが遅かったのでドキッとしましたが大丈夫でした。

ゲートが無事通過できたのでレグノの高速道路レビューを。

【静粛性】
静粛性は基本的に高速でも一般道とあまり変わらず静かです。路面の状態さえ良ければほとんどロードノイズが気になりません。この辺はプジョー自体が高速でも静かなのでタイヤが静かなのがよく分ります。
ただ荒れた路面ではそれなりのロードノイズがします。これは「路面の状態を伝える」ということで頼もしい機能だと理解しています。
全般的に静粛性においては、それをそれをトップの機能に推すREGNOだけのことは高速でもしっかりとあるというのがよく分りました。
ただ静粛性が高い分スピード感が狂うようでスピードの出し過ぎに要注意ですね。うちの場合は高速ではクルコンを使うのでその点は大丈夫そうです。クルコンを使って楽ちん&静かなドライブなので相当レベルの高い快適性が体験できます。

【操縦性・直進安定性】
これまでのミシュランエナジーセイバーに比べ、スチールラジアルとしてトレッド面の剛性が高いようで、その分操縦性、直進安定性が高いようです。もともとプジョーはフランス車らしく高速での直進安定性が高いのですが、REGNO GR-XIにしてからより一層安定性が増した感じで高速でもストレスをあまり感じません。

【乗り心地】
やはりミシュランとの比較になりますが、若干堅めなので道路の継ぎ目が気になります。ロードノイズが低いだけに継ぎ目での音が大きく感じます。タイヤの堅さとは無関係にプジョー208の猫足感は健在なので、タイヤの堅さもすぐに慣れてしまいます。
しかも堅いながらも乗り味にしっかり感がでたので、「ちょっとドイツの国境寄りになったフランス車」って感じです(笑)

そんな感じでプジョー208との相性は高速道路でも抜群で、ブリヂストンはミシュランに追いついたかなと実感しました。

私が子供の頃、ブリヂストンがラジアルタイヤを商品化したときに「ほんとにクルマが変わっちゃう!」っていうCMソングを流していたのですが、いまだにそれが本当なのがすごいと思います。

タイヤ交換をしてひと月になるので、取付作業をした店で点検を受けてきました。
空気圧のチェックとホイール取付ボルトのトルク確認をしてくれたのですが、プジョー208のホイールボルトには六角形のボルトカバーがついているのでそれをいちいち外すのが面倒そうでした。
っていうかそれよりフロントホイールのブレーキダスト汚れがひどいので作業のおじさんは手を真っ黒にしていましたが、ちょっと申し訳ない気分でした(笑)

【今日の言葉】 タイヤでクルマが変わることを知ってしまうと、逆にタイヤ選びが難しくなりますね
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター