電費

新車が発売になると「2万台のしきい値」って話が昔から言われていて、街でちらほら見かけるようになるのは販売台数が累計2万台を越えた頃、なんて言われるわけです。

初のフルモデルチェンジを迎えた「100%電気自動車 リーフ」ですが、タイミング悪く日産自動車の量産車最終検査不正とバッティングしてしまい派手な発売キャンぺーンを行えず不運って感じでしたが、ぼちぼち走っている姿を見かけるので、「2万台」を越えたのでしょう。

この新型日産リーフは登場したときは日産共通デザイン言語採用で、「どこから見ても日産車」っていう成り立ちを評価したのですが、あの厳ついトヨタプリウスを見慣れるともうちょっとアバンギャルドでも良かったかなと思います。
そういう意味では日産共通デザインにこだわるより、「リーフならではの近未来型デザイン」を与えた方がよかったと思えてしまいます。だからなおさら「旧型」の方が優れたデザインだったって今更思ったりします。
個人的には新型の方がいいデザインと思いますが、他社差別化っていう観点からは旧型の方が「リーフらしい」と思わざるを得ません。

とはいえ、もっとも売れている量産電気自動車ということで消費者の関心も高く、旧型からどれだけ進歩したのか知りたいところでしょう。
やはり電気自動車としての最大の関心は「充電1回当たりの航続距離」ということになります。

旧型となる初代リーフは航続距離200㎞だったそうで、今回の新型は400㎞に倍増しているとか。
なるほど、1回の充電で400㎞走ってくれれば十分実用的ですね。

って思ったのですが、初代のバッテリー容量は24kwhだったそうで、新型は40kwhとか。
あれれ、キロワット時(kwh)あたりの走行距離(JC08モード)は旧型8.3㎞/kwhに対し10.0㎞/kwhと伸びてはいるものの大差はなくて、航続距離倍増の秘密は駆動用バッテリー容量の増加によるもののようです。

これはずるいとかそういう問題ではなくて、車両重量を抑えながら大容量バッテリーを搭載するという技術と努力のたまものだと思います。この点に付いては堂々と評価したいです。

ですが、じゃあ「電費」ってどうなのって思うわけで、実走行ではkwhあたり8.0㎞前後で、それは旧型/新型ともほとんど変らないそうです。要するに「実走行では」新型が著しく効率向上したわけでもなさそうです。

個人的には「kwhあたり8.0㎞前後」はかなりの効率だと思っていて、これ以上の著しい「電費」向上は、現在のリーフの成り立ちからはかなり難しいと思います。
ただ、電気1kwhが15円から20円程度と考えるとガソリンに比べて著しく安いので、コストを掛けて効率アップをする必要もないと思います。そう考えると現在の車両価格のまま電池容量を増やしていくのがリーフの方向性かと思います。

電気なのでどんな速度で走ろうとも消費エネルギーに大差がないので、高速道路では却って「電費」が悪化するようです。空気抵抗とかによるんでしょうね。

実走行電費が「kwhあたり8.0㎞前後」としてバッテリー40kwhで航続距離240㎞。バッテリー容量80kwhぐらいになればマンション住まいでも一気に購入が現実的になるし、それはそう遠くないと思います。
といいつつも、「運転が楽しい」「充電が急速で15分以内」っていうのが購入条件ですが、それは厳しすぎるでしょうか(笑)

【今日の言葉】 運転が楽しくないクルマを日産が作るわけがない、と信じたいです(笑)

明治おいしい牛乳

かなり昔から健康のためというか牛乳を飲むようにしていたのですが、いつも決まったブランドはなかったし、1リットルを買ってもついつい飲むのが遅くなって消費期限切れになったり。要するに牛乳を飲むことにそれほどこだわりはなかったのです。

ところが明治の「明治おいしい牛乳」を飲んでからは「本当においしいなあ」ってことで牛乳を飲む習慣ができて、しかもコーヒーを飲むならこれでカフェオレにしたり、あるいはホットミルクにココアを入れて飲んだりと、値段は230円前後ってことで、一般的な牛乳より高めだったのですが、「おいしさ」という付加価値の存在は大きく、200円前後で特売していると2本買ったりっていうほどのファンで、我が家的には盤石な存在でした。

ところが先月あたりから、新容器に切り替わりました。

meijioishii.jpg

確かに開けやすく使いやすいのですが、900mlと内容量10%少なくなっています。
たまたま198円とかで売っていたので、「新容器で内容量が減ったので価格も下がった」と解釈していつもどおり購入。
ところが数日すると旧容器時代の230円前後に戻っている。
これって実質的な値上げ?って思ったのは言うまでもありません。

明治のサイトを見ると、
・新容器でおいしさを保持
・容器が細くなったので力のない人でも持ちやすい
・1000mlだと飲みきれず捨ててしまうことがあるので900mlにした
・利便性をアップさせた上で価格据え置き
とか身勝手なことばかり書いてあって、読めば読むほど腹が立ってきますね(笑)

牛乳なんて庶民が飲むもので、その庶民っていうのは安ければ多少遠い店でも行くわけで、メーカーが上記のような勝手なことを言って消費者を無視したような「実質的な値上げ」をされたのではディスりたくもなります。

ということで、よく行くスーパーにはそのスーパー向けに開発したいわゆるプライベートブランドの牛乳があって、成分とかを調査したら「明治おいしい牛乳」の「無脂乳固形分 8.3%以上、乳脂肪分 3.5%以上」という仕様に限りなく近い製品が158円で販売されている。特売の時はなんと「お一人様3本限り:1本148円」で売られている。
試しに買ってみれば、成分表示が「明治おいしい牛乳」が近いだけに味もほとんど変らない。温めて飲めばほぼ一緒と判明。

当然「明治おいしい牛乳」からこちらに移って、我が家では「明治おいしい牛乳」を買わないことに決めました。
ファンが多いから支持されていると思っても、あまり勝手なことをやるとファンは離れるっていう典型ですね。
スーパーでも「明治おいしい牛乳」のフェースがずいぶん減っているのを見ると売行きが落ちているみたいです。

以前いた石鹸メーカーでも、インプルーブ(改良新発売)とか言ってメーカー都合で商品改良したものの、ユーザーにとっては改悪になることもあり、負のイメージを与えると一気に売れなくなるっていうケースを何回も経験しているので、「ユーザーがこの商品のどこを支持しているのか」をよく認識して「やってはいけないこと」をよく理解しないと顧客離れは一気に進みます。

ちなみにプライベートブランドの158円牛乳なんですが、これがおいしくて、行くたび3本とかまとめて購入しています。
「安くておいしい」というか「安いからおいしい」というのがあるのかも知れませんが、これが我が家の「おいしい牛乳」になっています。

【今日の言葉】 値上げなら値上げとシンプルに言ってくれれば協力しないでもなかったのですが

プリンター購入

12月23日というと年賀状の準備をなさった方が多いと思いますが、うちでは恒例行事みたいになっています。

当ブログの最初の話題がカラーレーザープリンターの購入で、2011年の年賀状からずっとこのプリンターで裏面を印刷して宛名は別のレーザープリンタで印刷するという方法でやってきました。両方ともビジネス向けプリンターなので、はがきだとものすごく紙が反る。ただ、裏面で反ってしまっても表面の宛名印刷で「逆反り」するのでうまい具合に相殺して紙が平になります。ただ両面ともレーザープリンターのトナーが付くので思いのほか紙が堅い厚ぼったい年賀状になってしまいます。

去年の年賀状のときに、宛名を印刷するレーザープリンターの「手差し」ローダーがへたってしまってうまく紙が吸い込めず宛名の印刷はあきらめました。そのせいで宛名をすべて手書きするはめになって奧さんから顰蹙を買いました。
なので今年はプリンターを新規購入しようって去年から言っていた次第。

2016年型のプリンターを9月頃からチェックしていたのですが、まだ買うには値段が高いような気がしました。2017年型が出る10月頃から旧モデルは値崩れするだろうと。インクジェットプリンターなら、仕事で関係があったブラザーのモデルにしようと。
ブラザーは2016年にシリーズを一新したのでこの2016年モデルがねらい目だったのです。

ところがこの2016年モデル、2017年モデルが出てから11月に入るとじわじわと値段が上がりだしました。
あわてて購入したのは言うまでもありません。
今回購入したのは「DCP-J962N」というモデル。スキャナにADFが付いた比較的上位のモデルですね。購入価格は9000円を切るまさかの8800円。安い!
2017年モデルが出ているので、当然機能・性能を比較した上で、ほとんど変っていないと確認しての決断です。
ただ購入してから1ヶ月以上放置していてようやくこの日の開梱。だって年賀状準備まで使わないでしょ(笑)

brotherp01.jpg

インクジェットプリンターっていうと、後から用紙を立てて入れて、インクカートリッジが付いたヘッドが往復して印刷して紙が徐々に前に出てくるって言うイメージがあるんですが、今はこんな箱形なんですね。

インクも向かって右側のフタを開けて、カートリッジを差し込みます。印刷ヘッドに取り付けるなんてのはもう昔なんですね。
PCとの接続もWi-Fiでできちゃったし、スマホからも印刷できるし、SDカードスロットなんかも付いている。ビジネス向けプリンターしか知らないと、こういう至れり尽くせりの機能は驚愕以外の何物でもありません。
何しろ驚いたのは、初期設定とかの手順を中央の液晶パネルでガイダンスしてくれたこと。その便利さに感動です(笑)

去年までのレーザープリンターを使っていたときは、手差し印刷だったので、1枚1枚手間が掛かって、40枚の印刷なんか裏面30分、宛名30分の1時間はたっぷりかかる。印刷する時間より手差し準備の時間の方が長いわけです。

ところが今回のDCP-J962Nではハガキをカセットに入れられるので、どんどん印刷できます。とりあえず40枚分の印刷をやってみましたが、裏面印刷が7、8分で終了。え?もう終わりって感じです。宛名になると約4分で終了。しかも手差しのような郵便番号の微妙なずれも全くなし。イラストの印刷品質も完璧でした。

brotherp02.jpg

印刷が15分ほどで終了なんてこれまでなかったって言うか、これまでの効率の悪さは何だったのだって思います。
コンシューマー向けプリンターの、ハガキ印刷のすごさに驚いて、また来年と言う感じです。
ただ「1年で15分しか使わない」って言うのももったいないので、CDラベル印刷とかスキャナとかも含めていろいろ活用していきたいと思います。

【今日の言葉】 最新型のエントリーモデルと旧型のハイエンドモデルが同じ価格だったので、機能が充実した旧型にしました。正解ですよね(笑)

ディーゼル乗用車

自称走り屋ではないクルマ好きなので、今はプジョーという欧州車に乗ってはいるものの、国産車の勉強も欠かさないために情報収集をしていますが、「日本車にあって欧州車に一番近い」と言われるマツダ車を見ると、ディーゼル車のラインナップが充実しているのがわかります。

ラインナップの選択肢も「ガソリン/ディーゼル」とガソリン車を明示的に表示しているのも、ディーゼル車がガソリン車と同等に売れるから、ということなのでしょう。

考えてみれば今の国産車のディーゼルブームを作ったはマツダのようで、それだけ「スカイアクティブ-D」って言うんですか、トヨタとか日産が「技術はあるのになかなかやらなかった」コモンレールディーゼルを積極的に展開して人気を獲得したようです。
マツダデミオのフロントグリルに赤い横線が入っているのでってディーゼルだと思っているのですが、そうですよね。

コンパクトカーのディーゼルはマツダのひとり勝ちという感じですが、欧州では乗用車のデフォルトがディーゼルって言われるほど一般的で、CO2の排出が少ないのでエコだ、なんて言いますが、CO2の排出が少ないってことは、いわゆるカーボンバランス法でいう「低燃費」ってことなので、何のことはない、燃料費が安く付くから欧州では人気なのでしょう。

そんな感じで日本でもディーゼル車が流行しだしたってことで、これまでのベンツやBMWだけでなく、ボルボやプジョーまで展開を始めました。ディーゼル車はガソリン車よりちょっと高価になりますが、エコカー減税とかの税制で価格差が埋まってしまうそうです。

私もその昔は後輩のディーゼル乗用車を乗り回していたので、その扱いやすさと経済性を知っているので最新のディーゼル車には興味があります。

ディーゼル車の最大のメリットは低速トルクによる扱いやすさだと思います。
MTしか乗らないのでATではどうか分りませんが、太い低速トルクのおかげで頻繁なシフトチェンジが不要なので楽ちんです。
もう一つのメリットは航続距離が長いこと。みんなで東京から新潟までスキーに行っても、往復無給油は「ジェミニディーゼル」だけでした。すごいぞいすゞ(笑)
しかも当時はレギュラーガソリン130円/Lに対し軽油は55円/Lほどだったのでとんでもなく燃料費が安くてうれしかった。

じゃあ今でも扱いやすさと燃費でディーゼルを選ぶしかないじゃないか、っていうとそうでもありません。

まずディーゼル車は渋滞が苦手です。っていうか苦手なのはドライバーの方で、運転したくなくなるほど快適でないわけです。振動と出だしのもっさり感ですね。
山に行けば峠なんかは持ち前の低速トルクでぐいぐい登ってくれますが、エンジン回転に軽快さがないし、エンジンが重くなるせいかハンドリングもイマイチであまり楽しくないです。
チョイ乗りが多くて、走行距離が少ない人には燃費のメリットもあまり出ません。っていうか今は軽油って100円もするわけでガソリンと価格的な優位は圧倒的ではなくなりました。

というわけで、渋滞が多かったり、ちょい乗りが多かったり、年間走行距離があまりなかったり、エンジンをヒュンヒュン回して走りたいとか言う場合はガソリン車の方が楽しいみたいです。

っていうか普通過ぎて気づかないかもしれませんが、そういうところがガソリン車の良さなんですね。その良さはたまには見直したいです。

【今日の言葉】 もちろん、一度エンジンをかければ50㎞は軽く走っちゃうっていう「欧州的ユーザー」にはディーゼル車はぴったりです!

シェーバー

毎日使うシェーバーなんですが、バッテリー切れ警告のランプが点滅しているので充電しようとしたら、ACアダプターが見つかりません。

いつもは「アダプターバスケット」にデジカメやらゲーム機やらスマホやらすべてのACアダプターをカゴに入れているのですがいくら探してもそこにない。充電専用のシェーバーなので充電しないことには使えないし。

あれやこれやで2時間ほど探し回ったのですが見つからない。これではどうしようもないってことで、今回は奧さんのレディースのカミソリを使ってシェービング。5枚歯のカミソリは剃り味になんだこれはとビックリ。

さて問題のシェーバーなんですが、お気に入りのラムダッシュ ES-ST21ってやつなんですが、ヒゲは濃い方ではないのでこれで十分で、しかも5年をすぎてもそれほど剃り味は落ちていない。どちらかというとバッテリーの方が心配なほど。

shaver01.jpg

とはいえACアダプターがなくては使えないので、これを機に買い換えか、なんて思ってamazonさんの運良くサイバー・マンデーということでチェック。

ところがこのモデルはパナソニックではとっくに製造終了になっていました。
ちょっとがっかりしていたらなんとamazonさん限定で「ES-AST2A」というモデルで販売している。しかもフラストレーションフリーパッケージで買い得なもよう。
型式が違うのでいろいろ仕様とか調べたのですが、替刃の型名とか含めてどうもES-ST21と全く同じみたいです。
もともと人気モデルだったらしくamazonで継続販売している感じでした。
しかもちょうどタイムセール中だったので4980円で購入できました。
紛失したACアダプターだけでも1080円で購入できるのですが、替刃とバッテリーを別に購入するより安く買えたので良かったと思います。

shaver02.jpg

新旧を並べてみれば当然同じ製品のようです。良かった良かった。

shaver03.jpg

ただ色が黒いとちょっとチープな感じがありますが、表に持ち出して使うものでもないので気にしません。
気に入ったモデルの新品が手に入って本当に良かったです。

【今日の言葉】 新品が届いて最初にやったことは、旧品の充電なのは言うまでもありません(笑) もう少し使うんです(笑)
プロフィール

ざがあと

Author:ざがあと
クルマを買い換えてからクルマの話題が多いのですが、本来のアイドル系やテレビ、PCの話題も根強く続けています。
って、本当はアドビイラストレータのイラストを中心にするはずだったのですが、それはそのうちぼちぼち。
プジョーの話題が多いですが、その他の話題も楽しんでいってください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター